全国に広がる新幹線

上越新幹線と北陸新幹線

新幹線は西日本や東北地方だけでなく、日本海側へも路線が走っています。それが上越新幹線で、1982年11月15日に開業しました。厳密には大宮駅~新潟駅が上越新幹線ですが、どの列車も東京駅まで乗り入れていますので東京駅~新潟駅が上越新幹線と言えるでしょう。

群馬県と新潟県を隔てる三国峠は日本屈指の豪雪地帯として知られており、さまざまな雪対策が行われています。代表的なものはスプリンクラーによる融雪で、これによって安全な走行が可能となりました。さらに、駅のホームも全体が屋根で覆われていますので、新幹線を待つ際も雪に悩まされる心配がありません。この上越新幹線が登場したことで、高崎や新潟へ大きな経済効果をもたらしました。

そして、日本海側を代表する都市は新潟だけではありません。金沢は観光地としても知られる日本海側屈指の都市です。この金沢駅と高崎駅をつないでいるのが2015年に開業した北陸新幹線で、上越新幹線を利用することで東京駅から手軽に金沢までアクセス出来るようになりました。そして、北陸新幹線は金沢駅~敦賀駅間の工事も進んでおり、2022年に工事完了が予定されています。これによって日本海側の都市がより活性化されることでしょう。